ハワイの面接情報

面接の質問と答え方

面接とは誰でも緊張してしまうものです。 しかし緊張しているのは、あなたが真剣に転職・就職を考えてる証でもあります。面接の時、緊張していても面接官とスムーズに会話をするには、何よりも準備が必要です。面接でよくある質問を事前に考えておけば普段の自分をよりうまく表現できます。下記のよく面接で聞かれる質問を考え、面接にお役立てください。

→あなた自身についてお話していただけますか?

自己紹介としてよく聞かれる質問です。重要なのは、あなたが企業・会社にとってこれから有益であることをアピールすることです。

GOOD!
あなたのスキル、経歴、人生経験、性格がどのように応募する仕事に活かせるかアピールすることが重要です。

あまり関係のない、自分の私生活・趣味などの話は、避けましょう。

→あなたは、十年後、二十年後の目標は、なんでしょうか?

面接官にこのようなことを聞かれた場合、自分が前向きで将来について明確なゴールをお持ちだとアピールしましょう。

GOOD!
自分自身のゴール、これから仕事・会社で何を目標にやっていくのか答えましょう。

BAD!
「ない」「知らない」「今のところは、考えてない」などといった答えは、避けましょう。

→あなたの長所は、なんですか?

面接官にこのような質問を聞かれた場合、あなたの長所を説明しましょう。

GOOD!
あなたの長所を明確にしましょう。

BAD!
自慢また、長所を抽象的に述べるのは避けましょう。

→あなたの短所は、なんですか?

誰でも短所は、あるもので面接官が知りたいのは、あなたが内観的であるかどうかです。自分は、パーフェクトな人間だと思っている人は、決して伸びる余地がありません。あなたが自分を見て、短所があるとすればそれにどう取り掛かっていくか説明しましょう。

GOOD!
あなたの短所をほどよく説明しましょう。自分を悪く言うのは、避け、逆に自分に今欠けている物、積極的に取り掛かりたい課題などを述べるのが安全な答えです。

BAD!
「ない」「知らない」「今のところは、考えてない」などといった答えは、避けましょう。

→なぜ弊社に応募したのですか?

応募動機は、よく面接で聞かれます。応募する仕事・会社に興味があることを述べましょう。

GOOD!
具体的に応募動機を答えること。自分がなぜこの仕事・会社に引かれたか考えましょう。(事前にリサーチした知識を活用するのもよいでしょう)

BAD!
「お金がいいから」「とにかく仕事がほしい」「ハワイで働るから」などと言った具体性に欠ける答えは、マイナス印象になります。

→(最後に)ご質問などございますか?

面接の最後には、必ずといってよいほど面接官からご質問があるか聞かれます。事前に会社についてリサーチし、質問を考えましょう。

GOOD!
会社の事業、発展などの質問など会社について興味があることをアピールできます。または、応募したポジションの将来性について質問するのもよいでしょう。

給与・業績などの質問は、避けましょう。